オリエントシステム
オリエントシステム

 HOME > 会社案内 > 企業理念

企業理念

オリエントシステムの理念

現代における企業環境(市場)は明日をも予測できぬほどの著しい変化があり、企業個々が変化に応じた柔軟な経営を遂行し、次の10年、更に次の10年と存続・成長していかねばなりません。
言い換えれば、変化は企業の成長を促します。そして、成長を支える要素の一つがITであり、それは多様な企業環境をイノベートします。

当社は、常に新しいIT(アプリケーション技術)を追求し市場へ提供し続けていくこと、そしてお客様とともに成長していくことが使命であると考えます。
 
当社の理念は、上記の考え(使命)のもとに、「企業理念」「経営理念(ありたい姿)」そしてありたい姿を実現ための「行動指針」次の3つから構成しています。

①企業理念とは

  どのような時代の流れの中でも、変わらぬ経営の基本的な考え

②経営理念とは

  環境の変化に応じ、その時代での具体的に実践するにあたってのありたい姿(ゴール)

③行動指針とは

  ゴールに向かって行動するための基本的方針
企業理念
変革と成長

経営理念
(ありたい姿)
①顧客に喜ばれる仕事を追求します
②自己の成長を楽しみます
③新たな価値を提供し続ける企業を目指します

行動指針
1)
顧客目線を意識した行動で、顧客の期待を明確にし、その期待にこたえ、さらにその期待を超える結果にこだわります。
2)
社員一人一人が前向きな行動を実践することで組織を活性化します。
3)
企業の風土は、そこで働く社員で作り上げるものであり、風土は企業の評価に繋がるものです。その評価を高めるために、社員は行動,言動に責任を持たなければならないと考えます。
4)
顧客の期待を超えて結果を出し続ける為に、妥協しない業務を常とします。
5)
自己の考えを自由に言える風土と謙虚な姿勢を貫きます。
6)
自己の成長のために常に努力します。
IT分野は変化のサイクルが短く、かつ激しいものになっています。
当社の使命(ミッション)は

変化のスピードをうまく捉え、柔軟に対応する為に自らを変革させること
企業として成長し続けること

を常と考えます。
「喜ばれる仕事」とは、顧客の視点で考え、顧客が望む成果・目標を約束通りに達成すること

「追求する」とは、顧客の目標を達成することが自社の喜びであることを社員一人一人が持つこと、また、持ち続けること
管理職/一般社員に区別なく、社員一人一人が役割に応じた(超えた)力量を身に付け、個人・組織・会社の目標を達成すること

「自己」とは、当社社員 一人一人のこと

「成長」とは、自己がもつ目標を達成すること

「力量」とは、ヒューマンスキル・テクニカルスキル・マネジメントスキルのこと
「価値」とは、顧客が望む成果であり、「新たな価値」とは顧客の事前期待を超える成果であること

「し続ける」とは、自社の成長を継続させていくこと
1)顧客目線を意識した行動で、顧客の期待を明確にし、その期待にこたえ、さらにその期待を超える結果にこだわります。

常に顧客の満足を考えて顧客の期待が何かをまず理解します。
そして、その期待を達成するとともに、それを常に超えることを考えて行動することが、顧客満足度を高めることになります。

2)社員一人一人が前向きな行動を実践することで組織を活性化します。

誰かがやる/自分がやらなくてもという思考を捨て、自ら率先します。

3)企業の風土は、そこで働く社員で作り上げるものであり、風土は企業の評価に繋がるものです。その評価を高めるために、社員は行動,言動に責任を持たなければならないと考えます。

「企業風土」とは、組織のメンバが共有する価値観や信念、思考プロセス、これらに基づく行動等のことです。
そして、社員一人一人が魅力ある人間に成長していきます。
「魅力ある」とは、仕事さえできれば良いのではなく、企業人として周囲から尊敬される行動、言動にこだわり続ける、ということです。

4)顧客の期待を超えて結果を出し続ける為に、妥協しない業務を常とします。

不安の無い成果物にこだわる(常にお客様と約束した品質と納期にこだわる)
あきらめない、自分に強くなりチャレンジします(必ずやり切る)

5)自己の考えを自由に言える風土と謙虚な姿勢を貫きます。

組織の一員として、自分の考えを堂々と発言する。
間違っている/間違っていたと気づけば、謙虚に受け入れ、自分の幅を広げる。

6)自己の成長のために常に努力します。

後輩・同僚・先輩を問わず社員相互の成長を支援し、支え合い、刺激し合います。
自分のみの成長だけでなく、組織として成長することに参加します。

TOP |